【大学生ヨーロッパ一ヶ月間の周遊体験記】ついに始動!激動の出発日編(10/12)

ヨーロッパ周遊日記
この記事は約4分で読めます。

こんにちわ!ぬめです!

 

本日(2019/10/12)から簡単にリアルタイムでの旅行の1日のまとめをしていきます。
旅行終了時や数年後に見返していい思い出になったらと思っています!!

旅行関する記事は旅行終了後にまとめて記事にするので、このシリーズはあくまでも1日の簡単な感想程度にするつもりです!

日本に大型台風直撃!?

「出発日に台風が直撃する」ことが数日前から判明していました。しかも今世紀最大規模の威力という
今回の旅行は、まずはじめに「飛行機が本当に飛ぶのか!?」という心配から始まったわけ…。

ちょうどこの日に飛行機をとった人を呪いましたね。まぁ、俺なんだけどね…。

利用空港会社はアエロフロート

そして、第2の心配が悪名高き「アエロフロート」という会社の飛行機を利用することになっていました。
この会社まじで口コミが荒れていて、出発前にかなりテンション下がってましたw

なんでも、「ロストバゲージ」という預けていたスーツケースが手違いで行き先の空港に届かないことがあるという…

正直かなり落ち込みましたね…
「飛行機本当に飛ぶの!?」から始まって次は「この空港会社大丈夫…?」というね。

この会社の飛行機の原因不明の墜落なんて記事も見つかり恐る恐る乗りました…

んで、無事イタリアについた僕たちがこの空港会社を評価するならば

100点

理由は以下の通りです(すみません)

  • スーツケースを預かるロシアのCAさんの笑顔が素敵で片言の日本語も合間ってめっちゃ可愛かった。
  • 全体的にCAさんの顔のレベルが高かった。
  • 全体的にCAさんの胸がデカかかった。
  • CAさんの制服の胸元がパッカーんだった。

もうね、ロシア人の女性すごいわ。まじ美形。スタイルすごいしすんごい(語彙力)

命がそこまで大切じゃなくて、荷物がなくっても構わない人はぜひ利用して見て欲しい。細かいところ抜きに普通に感動するレベルで綺麗な人しかいないからw

今日の学び「塩とコショウかければなんでも食えるようになる」

機内食普通に味意味わかんなかったけど、題名の通り「塩とコショウかければなんでも食える」ということを再確認した機内食でした。

味薄くても塩とコショウの味がするようになるし、味が変でも上書きしてくれるしで二つの調味料としての偏差値の高さにびっくり

海外の特に白人はまじで頭の中に「列に並ぶ」という概念がすっぽ抜けてる

これは、人種差別もあるのかもしれないけど俺たちのような「イエローモンキーキッズ」が並んでいても白人老夫婦はまじで平気で抜かしてて列に並んでくるw

まじ、「草」って感想しか出てこないし草ww
え、草wwわーーーーwww

別にイライラしないけど、これを見えている黄色人キッズのみんなはまじ覚悟しておきw
こういうこと普通にあるからw

うんこ行きたかったけど、脳内英会話趣味レーションしてたら着陸した

日本人あるあるというか、英語でなんて声かけていいかわからなくて脳内で色々検証してたら着くまで結局我慢してたという話です。

これ以上でも以下でもありませんが、緊急を要する時のために「腹痛関連の英会話シュミレーション」はしておくといいと思います。
これまじ、「トイレってWCじゃん?英語で略さないとなんだっけ?え、ウォーターサーバー?いやCちゃうやんけ」とか頭の中で漫才始めるからね日本人。

初日の宿でぼったくられる

「ローマは観光税あるから一人22ユーロね」
はい…。

これまじ、行く前はイキって「ぼったくられないように気合い入れるwww」みたいに言ってたけど全力で支払っちゃいましたwこれまじすげーわ
向こうの人まじで図々しいからね。

「ぼったくられたら中国語でまくし立てる」とか言ってたっけ…
昨日の俺ごめんな…気づいたら財布出してたわ。

身内ネタになっちゃうけど。

今回の旅行参加者は5人いて、途中参加が2人。そして、どっちもアエロフロート使うらしいので以下の2点をラインで報告しておきました。

  • ロシアの空港では、着陸成功時は歓声をあげる。
  • 同様に、着陸成功時に機長にチップを渡す風潮がある。

返信はこれ

乞うご期待。

イタリア人の「5分で行く」は「30分後」

airbnbというサービスを利用して、イタリア人のおばあさんと待ち合わせをする機会がありましたが、まじ時間の概念にズレが生じてました。これ価値観の違いですかね?

よく、留学に言った後に「価値観変わったわ…」とか言ってるやつを”薄っぺらい価値観しか日本で育たなかった奴”とバカにしてましたが考えを改めました。
まじ、価値観違う。俺も価値観を変えられちゃうんですかね…?

この記事は16時間以上に及ぶフライトごの変なテンションによって生み出されています。

なので、エンタメとして軽い感じで受け取ってください。
多分、舞い上がってるんです…。

まとめ

今日は飛行機に乗ってイタリアのローマについてから宿に行くことしかしていないので内容の無いものになりましたが明日から観光の感想とか書いていくので心入れ替えて見に来てください。

では、おやすみなさい。

コメント