【21年卒の就活生必見!】絶対に内定がもらえる自己分析の方法を大公開!!

就職活動対策!!
この記事は約15分で読めます。

こんにちわ!ぬめです!

   

前回の、この記事

で軽くしか触れていなかった、
自己分析の僕なりの仕方をまとめようと思います!!

   

自己分析って??となっている人にも
わかりやすいように書いていくので、ぜひ最後までお読みください!

   

まず、結論から書くと…

徹底的に”why(なぜ?)”を突き詰めてください!!

 

それでは、なぜその結論にたどり着いたのかを
根拠を踏まえて解説していこうと思います!!

あくまでも自己流なので参考程度にね!!
ぬめ君
ぬめ君

    

自己分析とは??

まずは、ここから説明していきます!

  

そもそも、”自己分析”ってなに??って感じですよね??

自己分析ってなんぞや!?
自分のことは自分がしってるし意味ないでしょ!w
ぬめ君
ぬめ君

筆者
筆者
いや~
それが、意外とそうでもなくて…w
するのと、しないのとでは面接にとても影響が…

    

よく、就職活動のガイダンスなどで

???
???
自己分析をしましょう!!

と、よく聞きます。

  

自己分析と検索してみると…


就職活動における自己分析とは、自分自身の過去の体験を振り返ることで行う自己分析であり、就職活動の出発点とされる。自己分析を行うことで、自身はどんな仕事がしたいか、どんな仕事が向いているか、どんな会社に行きたいかなどといった事柄を認識、理解する。大学の就職課による就職支援において、自己分析の指導は初期の段階で行われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90

となっています。

  

一言でまとめると

自分の考えの整理をしろよ!!

ってことです!!

自分の進路を決める際に、

自己分析を行う=入ってからの希望との食い違を減らす

ともいえるでしょう!!

    

自己分析のメリットとは?

では、具体的に自己分析を行うことは
どんなメリットがあるのかを挙げてみます!!

就活の軸がはっきりする

”就活の軸”

は必ず面接で聞かれることです!!

  

ほとんどの企業の面接で、まずこれを聞くでしょう!

筆者
筆者
聞かれすぎて、
無意識でもこたえられるレベルにww

   

具体的に僕は

”僕の就職活動の軸は、「代えの利かない人材になる」ことです。
「代えの利かない人材」の定義は
・トップクラスの知識
・トップクラスの経験(失敗も含める)
・トップクラスの実績(成功体験のみ)
となっています。”

と、答えておりました。

   

そして、それらの定義一つ一つを
会社の特色などで実現できることのアピールしていました。

  

定義の経験と実績を分けたのにもこだわりがあり、
僕はチャレンジできる環境が希望であったので
あえて、失敗にも触れていました。

  

   

この軸を固めるまでには
自分の性質(性格)大切にしていることなどを洗い出して
決めていました。

    

僕の場合の性質は、

  • 負けず嫌い
  • 合理的(論理的)
  • 自己主張がつよい
  • 時間に厳しい
  • 承認欲求がつよい
  • 1番を心のどこかで求めている
  • グループなどでは、ムードメーカになることが多い

  

自分で考えてこれ列挙してるのキッツwww
マジで恥ずかしいやつじゃんww
ぬめ君
ぬめ君

筆者
筆者
こっちは人生かかってんだ!!
恥は捨てろ!!
遊びじゃねーんだよ!!おい!

あっ…
はいww
ぬめ君
ぬめ君

と、こんな感じで書き出していきます。

  

ここで大切なのは、

変に気張ることなく正直に書き出しましょう!

  

    

   

ここの段階では、自分のデメリットも正直に書いて
自分とは??を浮き彫りにしていきます。

  

そして、この書き出したものから
自分の大切にしていきたいことを数個選びます。

     

僕の場合、

  • 負けず嫌い
  • 自己主張
  • 合理的(論理的)

の3つを大切にしたいと思い選びました!!

  

ここから、
自分という存在を認めてほしい=代わりのいない
と変換していきます。

合理的=定義付けを行うことで変換しており
自己主張も”代わりのいない人材になりたい”と主張しちゃう時点で変換されているようなものですwww

   

ここで、先ほどにも書きましたが
それぞれの定義を各会社の強みや制度で実現可能と主張することにより
説得力がぐーーーーんと伸びているはずです!

    

以上の方法で
僕は、就職活動の軸をはっきりさせていました!

ここまで赤裸々に描いてるし…
ためにはなってほしいなぁ…www
筆者
筆者



自分の長所・短所がわかる

次に、

長所・短所

についてです!

   

基本的に、先ほどのように
自分の性質からピックアップしていきます!!

  

先ほど、

「 ここの段階では、自分のデメリットも正直に書いて
自分とは??を浮き彫りにしていきます。 」

と書いたのはそのためです。

   

僕の場合は、
「自己主張が強い」に関して
「人の話を聞くことが弱い」という風に変換して短所にしました。

  

その短所を

  • どのように克服するべきなのか
  • なぜこれが短所になりうるのか
  • この性質によってのデメリット

などを考えておき、面接のときには
積極的にあえて話題として出していました。

   

長所を分析している人は多いと思いますが、
短所をここまで分析することができれば印象に残るでしょうww

  

実際にOBの面接では、
「君卑屈な考え方してるけど、面白いね」
と、言ってもらえましたww

    

ここで、しっかりと長所・短所を明確にしていくことで
次の項目での
「面接での発言の根拠が論理的になる」
につなげることができます!!

なんか、これをブログにしてる時点で
短所を短所ととらえてなさそう…ww

むしろ、美味しいと思ってるべ??w

ぬめ君
ぬめ君

おいしいいいいいいいいいいwwwww
ブログたのしいいいいいいいいいwww
筆者
筆者

     

面接での発言の根拠が論理的になる

これは、僕がとても大切にしていたことです。

  

志望していた業界が、コンサル系であったため
論理的思考に重きを置いた質問が多かったからなのですが、
ほかの業界でもふわふわな主張をするよりはいいはずです!!

    

では、まず面接で聞かれることの多い質問をまとめてみましょう。

業界あるあるなどの質問は除いた
よくある就職活動の質問を考えていくよー!
ぬめ君
ぬめ君

     

  1. 志望動機は何ですか??
  2. 自己PRをしてください
  3. あなたの長所・短所は何ですか??
  4. あなたは〇年後どうなっていたいですか?(将来の展望は?)
  5. 就活の軸は?
  6. 最後に何か質 問はありますか?

   

これらが、僕がよく聞かれた質問になります!
これらを一つ一つ考えていきましょう!

    

志望動機は何ですか??についての対策

今までのことを考えた後に
業種選択や企業選択をしているのであればちょろいでしょうw
おすすめは、企業のホームページの

「求めている人材」

となっていることと絡めて、
主張しましょう!!

また、性格について考えているはずなので
「頑張れる環境・頑張れない環境」なども希望する環境
と比較して主張してみましょう!!

  

自己PRと長所・短所についての対策

長所・短所、自己PRは今までの流れに沿っているのであれば、
自分の性格については考えられていると思います!

  

自己PRとか長所・短所は前の方に考えていると思うから
忘れた人は見返してみて!!!
ぬめ君
ぬめ君

     

    


就活の軸は? についての対策

就活の軸に関しては、

自分の長所・短所志望業界を照らし合わせて考えてみましょう!

   

自分が一番大切にしたいことが自己分析で見えてきていると思います!

あくまでも、正解がない質問なので
正直ベースで考えて答えを出すことが対策になります!!

   

時間はかかりますが、僕のを参考に考えてみてください!!

  

あなたは〇年後どうなっていたいですか?についての対策

少し難しいと関る人も多いでしょう…
当時の僕は…

また、働いたことないからわかんなww
働くことのイメージも固まってないのに
〇年後とか考えられるわけなくね!?!?w
筆者
筆者

などと考えていましたw

  

しかし、面接をこなしていくうちに
そんなことは当たり前で、面接官もそれ前提で質問していることに気が付きましたwww

  

たまに、理想論を語る人(売り上げを〇倍に~)などがいますが
そうじゃないwww
質問の本質は、

”現場経験のない現在の君は、どうやって頑張って、
どのようになりたいと思ってるの??”

   

働いたことがない故、具体的な数値をいうほどのカードがありません。

  

では、手持ちのカードで切れるのは何かというと…

ずばり!!!

”就活の軸”

を絡めていってみましょう!!

   

僕の場合は、先ほども言ったように

”僕の就職活動の軸は、「代えの利かない人材になる」ことです。
「代えの利かない人材」の定義は
・トップクラスの知識
・トップクラスの経験(失敗も含める)
・トップクラスの実績(成功体験のみ)
となっています。”

と、言っていました!

   

したがって、これを少し具体的にすることがいいと思います!

  

僕は、興味のあるインダストリー(分野)と絡めて、
”代えの利かない人材”になるまでの簡単な段階を話しました!

  

最後に何か質問はありますか?についての対策

自分が絶対にこだわっている
ことがあれば聞くといいでしょう!

僕は、チャレンジできる環境を求めていたので
”上司の意見との対立”についての率直な意見を述べてもらいました!

  

それを聞く際には、もちろん
なぜその質問をしたのかなど、質問の意図もはっきり伝えて自分が一番知りたいことを聞きました。

(くれぐれも煽るような聞き方はNGです)

   

基本的には、自分が何を一番大切にしているのかが決まっているとは思うので大丈夫だとは思いますが…
一応、テンプレをいくつか置いておきますねwww

   

  • 御社で大きなチャンスをいただくためには、特にどんな分野の勉強をするべきでしょうか?
  • 御社の社員の皆さんは、仕事にどんなこだわりを持っている人が多いですか?
  • 『この会社に入るなら、ここは覚悟しておけ』といった心構えはありますか?

   

これは、聞いておいて悪いイメージを与えない当たり障りのない質問になりますので…
できるのなら、せっかくの面接のチャンスに本音の質問をぶつけてみましょうww

   

自己分析の始める時期とは??

時期を迷っている人が、いるらしいのですが…

ずばり!!!

この記事を読んだ瞬間から!

正直、自分の気持ちと向き合うなんて
とても大変そうだった!!!!!
ぬめ君
ぬめ君
筆者
筆者
2か月間かけてやっと100パーセントの僕を表現したページが完成しましたww
とにかく、時間をかけて妥協の内容に考えつくして下さい!!!

    

     

ここまでべらべらしゃべってきましたが、
自分の社会人としての第一歩!
妥協のない100%満足のいく結論を出しましょう!

一切の妥協は排除して
自分のわがままを貫き通したものが
大勝利ってことよ!!
ぬめ君
ぬめ君

    

以上!!!!

  

就活対策記事をまとめた記事をぜひ見てください!

コメント