【就活必勝法!!】絶対に受かるグループディスカッションの動き方!! ~前準備編~

グループディスカッション
この記事は約12分で読めます。

こんにちわ!!ぬめです!!

  

  

本日は、僕が一番得意とする…

   

グループディスカッションの進め方

  

を記事にしていきたいと思います!!

  

今回は、グループディスカッションについての
心構えや、概要について触れていきます!!

    

   

一番皆さんに言いたいことをはじめに言うと…

   

グループディスカッションは足の引っ張り合いではありません!!

   

これだけは、頭に入れてください!!

  

では、書いていきます!!

   

   

グループディスカッションとは?

まず、グループディスカッションとは?

から、始めていきたいと思います!!

  

Wikipediaによると…


グループ・ディスカッションとは、複数の被験者による討論のことをいう。集団討論ともいう。
概要としては、複数の被験者を集め、特定のテーマについて討論してもらうものである。多くの場合で時間制限がある。これらは、議論の中身が結果として注目される場合もあるが、議論の過程や被験者とそのコメントが注目される場合(人物試験など)もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

    

と説明されています!

  

時間は、基本的に30~50分で行われることが多いです!

  

ここで、注意してほしいのが

発表がある場合には、その準備も時間に含まれます!!

  

時間配分が結構大切になってきます!!

  

グループディスカッションの目的

企業がグループディスカッションを
なぜ行うのか考えてみましょう!!!

   

  

企業が”グループディスカッション”を通して
何を判断したいのかというと…

  

  • コミュニケーション能力
  • 協調性
  • 思考力
  • 発想力
  • リーダーシップ

    

を判断しています!!

   

ここで

コミュニケーションなんてないし…
まして、リーダーシップなんてとってきたことないよ…
無理ゲーじゃん…
ぬめ君
ぬめ君

   

という人は少ないくないと思います!

  

ここで言いたいことは、

”コミュニケーション能力”とは、皆さんが想像しているものとは異なるので自信を持ってください!!

    

ほかの求められている点に関しても、
詳しく説明していきます!!

   

コミュニケーション能力とは?

大学生までの”コミュニケーション能力”とは…

  

  • 授業中に恥ずかしさもなく発言できる
  • 初めての人とでも馴れ馴れしく話せる
  • 飲み会でコールの音頭
  • 異性と積極的に話せる

   

ぬめ君
ぬめ君
うぇ~~~いwww

うぇwwうぇ~~~いwww
筆者
筆者

   

こんな能力は就活の場面では求められていません

   

   

    

社会人にとってそのような能力は無駄なので忘れて下さいw

  

  

社会人として求められている”コミュニケーション能力”をしっかりと理解しましょう!!

    

   

社会人として求められている”コミュニケーション能力”とは…    

  • 質問に対して本質をとらえて回答する
  • 自分の考えを的確に主張して理解させる
  • 相手の話をしっかりと引き出す(聞くではなく引き出す)
  • ”1”の言われたことに対して”1”以上の理解する努力をする
  • 礼儀が備わっている

    

声の大きさや、陽気さ、気さくさなどは求められていませんので
上記の、5つの努力をしてください!!

   

協調性とは?

グループディスカッションは

   

負かしあうというものではありません

  

捲し立てて喋れなくするや…
論破して、マウントを取りに行く…

etc…

   

このような、自己アピールはマイナスになってしまいます!!

   

しっかりと、相手の話を聞きつつ自分の意見を聞きましょう!

    

しかし…

協調性と正当性のバランスがとても難しいです…

  

   

例えばの話…

○○だと思います!!
○○だし、○○というメリットがあるので!!
ぬめ君
ぬめ君

それって、考え自体は悪くないんだけど…
本質をずれているんだよなぁ…

今回の聞かれていることとは無関係…

筆者
筆者

   

この場面…よく遭遇します…

  

ここで、はっきり否定してしまいますと
自分の評価に傷がついてしまいます…

  

   

   

したがって、

相手の意見をむやみにけなすことなくうまく軌道修正しましょう

   

そんな考えもあるんだね!!

でも、今回のテーマは○○だし、すこし反れちゃってるのかも!!
でも、貴重な意見をどうもありがとう!!

筆者
筆者

ここまで、配慮して軌道修正を行えば

自分の評価に傷がつくどころかプラスに働きます!!

  

思考力とは?

僕の考えで説明すると…

与えられたテーマに対して、的確な解答を考える!

  

  

これは、当たり前ですね!!

  

そして、それだけでなく

相手を納得させるだけの理由や根拠をそろえる

   

これは、結構大変です。

自分が培ってきた分野のテーマならば知識はあると思います。

   

しかし、ない場合にはテクニックとして

フェルミ推定

という、考え方のコツがあります!

   

今回の記事では、簡単な説明しかしませんが
今後、記事にしていきたいと思います!!!

   

Wikipediaでは…


フェルミ推定とは、実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算することを指す。オーダーエスティメーションともいわれる。


フェルミ推定で特に知られているものは、「アメリカのシカゴには何人のピアノの調律師がいるか?」を推定するものである。
この問題に対して、例えば次のように概算することができる。


まず以下のデータを仮定する。
1.シカゴの人口は300万人とする
2.シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする
3.10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする
4.ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする
5.調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする
6.週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする


そして、これらの仮定を元に次のように推論する。
1.シカゴの世帯数は、(300万/3)=100万世帯程度
2.シカゴでのピアノの総数は、(100万/10)=10万台程度
3.ピアノの調律は、年間に10万件程度行われる
4.それに対し、(1人の)ピアノの調律師は1年間に250×3=750台程度を調律する
5.よって調律師の人数は10万/750=130人程度と推定される

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9F%E6%8E%A8%E5%AE%9A

  

このような思考方法がありますので活用を検討してみてください!!

   

発想力とは?

こればかりは、奇抜なものを考え付かなくても大丈夫です!!

  

ですが、みんなの意見にうなずいているだけの人が
受かるとも思えない
ので…

   

話の流れに沿った意見を普通に出していきましょうw

  

テーマ次第ですが、

自分の知識があればいい意見が出せるかも!!

  

ですが、テーマがこれといって決まっているわけではないので
ここだけは皆さんに依存してしまいますww

   

真面目に話し合いに参加して
意見を言えば大丈夫だよ!!!

なので、
”受け狙いの奇抜なだけの意見”
を言うのはやめましょうww

筆者
筆者

   

   

リーダーシップとは?

リーダーシップも漠然と言われると自信を持てないとは思いますが…

  

まず、みなさんの”リーダーシップ”という言葉のイメージは…

ぬめ君
ぬめ君
オラオラ!!
俺について来いやーーーー!!

お前は○○をやれ!!よっしゃーいくぞーーーー

と、なっているかもしれませんが…

  

  

グループディスカッションにおいては違います!!!

  

グループディスカッションにおいての”リーダーシップ”

今話し合っていることはテーマにそれていないだろうか…

時間は平気かな…

いまの話し合いにかけているものは何だろうか…

筆者
筆者

などをいつも考え

テーマ的に、今話し合っていることはそれているから話を戻そう!!

時間が迫っているから、一旦次の段階にすすもう!

根拠が弱いからそれを話し合おう!

筆者
筆者

と声掛けをすることです!!

  

  

意見を出しつつ行うことは難しいですが…
1人だけがやる必要はないので、グループの人と協力して声掛けをしていきましょう!!

  

     

   

    

まとめ

今回は、グループディスカッションについての
心構えや、概要について記事にしました!!

   

特に、グループディスカッションの目的
しっかりと事前に考えたうえで参加するとグッと通過率が上がります!!

  

  

  

次の記事で上記をふまえた上の
具体的な行動やタイミングを解説します!

  

次の記事に進んでください!

  

以上!!

コメント