【個別塾】塾講師に向いている人を塾講師歴3年の僕が大公開!!

塾講師
この記事は約9分で読めます。

こんにちわ!ぬめです!!

 

今回は塾講師として三年勤め、体験授業を担当するまで評価された僕が考える個別塾講師に向いている人についての記事を書いていこうと思います!

ぬめ君
ぬめ君
体験授業を任されるってすごいの??
学力というよりは、生徒との接し方や授業内容を評価され、任せていただけるようになりました!
筆者
筆者

塾講師は長く続けられる人とそうでない人がはっきりと分かれるアルバイトなのでよくよく考えてから始める必要があります!
公式サイトにはないリアルな実体験をもとにして判断基準を選んでいるので参考にしてください!

 

対象

この記事は

塾講師(個別)として働きたいと思っている人

が対象です!

大学生になった時にアルバイトを探すと、時給を考慮すると一度は検討する人が多いと思います!

そのような人たちのお役に立てばと記事していきます!

筆者
筆者
三年も経験していると、すぐやめる人・やめない人がだんだんとわかってきますww

 

向いている人

まずは、向いている人を紹介・解説していきます!

ぬめ君
ぬめ君
あくまでも僕の経験則なので参考程度に!!

 

人と話すことが好きな人

これは一番大切ですね!

塾は基本的に勤務中に喋らない時間がないです!

90分の授業を3コマ受け持ったとすると、270分間しゃべり続けますww

 

喋るし、笑わせるし、相談も聞くし、慰めるし、理解させるし…

行うことのすべてを喋ることで成し遂げます!!なので、喋ることが好きな人はとても向いています!

筆者
筆者
喋ることでお金をもらいます!
好きな人はとても熱中できるでしょう!!

 

相手のペースに合わせられる人

まずは、これが一番です!
もっと詳しく言及するならば、「自分のペースを押し付けない人」ということです。

 

個別塾の授業は、相手のペースに合わせて進むことが大切であり、個別塾に入れる多くの親子はそれを望んでいます。また、個別塾に集まる子供は「比べられることが嫌いで競争意欲が低い」という特徴があります。
以上をまとめると…生徒は

マイペースで進むことを望んでいます!

 

したがって、相手のペースに合わせられることが求められています。

筆者
筆者
常日頃から、せかしたりはっぱをかけるような人は向いていないのかもしれません!

 

ある程度人との距離を保てる人

個別塾の一番の御法度は

生徒に近づきすぎる事

です。これは、物理的な距離を指していないことはたぶん皆さんわかっているでしょう。

 

個別塾は言うまでもなく、個別で授業を行います。ある程度授業を受け持っているともちろん仲良くなりますし、相談を受けることは少なくないでしょう。

そして、相手からしたら年上で勉強を教えてくれる人とあればあこがれられることも少なくはありません。

 

そのような立場につく以上はしっかりと距離を保つ必要があるのです!

筆者
筆者
僕の場合、”名前を覚えない”ということを意識していました。
呼ぶときは「あなた・きみ」を徹底して、しっかりと距離を保っていました!!

 

仕事だと割り切れる人

塾の生徒の中にはやる気のない人も一定数います。
個別だろうが集団だろうが関係ありません。塾で生徒に教えるという以上は絶対に避けられない事です。

 

しかし、集団と個別の授業スタイルには決定的に授業の方法が異なっていて…
個別はやる気のない生徒を一対一で勉強を教える必要があるのです…

 

集団であれば、ひどい話、ついてこれない人を置いていってどんどん進めてしまっても割と大丈夫です…

理由をリスト化すると…

  • 競争心があり、他の人と自分を比較してもがいてくれる
  • テストの順位が張り出されるので、自分の位置がわかる!

これらの理由から、その場では遅れても何とかなりますし、僕自身なんとかしていました。

 

しかし、個別は他人と比較することがほとんどありませんし、それを嫌がります。
そうなってくるとめちゃくちゃ面倒で…やる気が全くない子供が集団より集まります。

それらの生徒を一対一で教えるとメンタルが結構持ってかれます^^

何とか説得しても何も心に響かない…そもそも聞く気がない…親もとりあえず入れていて、成績向上を望んでいない…などいろいろな生徒さんがいます。

 

これらの場合は、もう諦めて割り切ってしまうことが得策です。

筆者
筆者
勉強はそもそも本人のやる気が大前提であり、それがなかったらどうしようもありません…
あの林先生もこの理由であきらめた姿をテレビで見たことがあります…
最初のほうは、僕も説得をしてもどかしい思いをしていましたが…
最後の方は、もう割り切っていましたね…

 

まとめ

今回は、個別指導塾の講師に向いている人の条件を紹介・解説させていただきました!

 

まとめると…

  • 人と話すことが好きな人
  • 相手のペースに合わせられる人
  • ある程度人との距離を保てる人
  • 仕事だと割り切れる人

この四つが最低条件なんだと思います!

 

早くにやめてしまう人の多くは、この四つのどれかが欠けてしまっているひとでした!

女性講師の多くは共感性が高く、割り切ることが出来ずに続けられていませんでした!!

 

そして、気づきましたか??
条件の中に「勉強ができる人・勉強が好きな人」という二つが入っていないことを!!

それの理由を最後に軽く説明してからこの記事を終わりにしたいと思いますw

そこまで勉強ができなくてもいい??

正直、「学歴が低い」と今一度踏み出せない人がいると思いますが…

正直、まったく気にしなくで大丈夫ですww

勉強を教えるときに、完璧に覚えている必要はなく解答を見ながらわかりやすく解説して納得させればいいので解けなくてもほとんど問題はありません!

 
また、個別の生徒は頭のいい子は少ないので、逆に高度な解説は逆にわかりにくく思われてしまいます…

そして、個別ゆえにほかの頭のいい講師が頭のいい子を担当すればいいので無理に充てられることもないので安心してください!

筆者
筆者
早慶や東大のような学生よりは、頭のレベル的に日東駒専の学生のほうが親近感がわいている様子でしたよ!!

 

勉強は好きでなくてもいい

勉強の面白さを解説してもいまいち反応が悪いことのほうが多かったです…
なので、

逆に勉強があまり好きでなく、楽して覚えたり解ける方法を解説したほうが喜ばれますww
なので、好きでなくてもいいです!

ぬめ君
ぬめ君
良くも悪くも個別塾なのです!!

 

ということで今回の記事は以上です!!

あまり狭き門でもないので、気軽に初めて見てください!!

また、僕の明光義塾での体験談の記事はこちらです!ぜひ参考にしてみてください!

 

以上!!

コメント