【大学受験】私立と国立の比較!現役私立大学生による私立大学のメリットを公開!

大学生活
この記事は約11分で読めます。

こんにちわ!ぬめです!!

  

今回は、大学選択において結構迷うであろう

国公立大学 or 私立大学

の比較と解説、および現役私立大学生の僕が私立大学に通ってよかった事などを記事にしていきます!

  

大学を選ぶうえで、迷うポイントであると思います!!

様々な視点から比較していきます!

ぬめ君
ぬめ君

  

今回は、まず初めにいっておくと…

僕自身、私立大学に通っており、国公立大学に通っているわけではありません!
したがって、「どちらがおすすめか」ということには言及しませんよーー!!ww

  

今回の記事の対象

今回は、

進路選択をしている高校生または、浪人生

が対象です!!

  

できれば、高校二年生の最後にはどちらにするのか意識し始めて、
高校三年の夏前には決定できるといいです!

  

遅くなってしまえばしまうほど、勉強をするべき科目を定めることができないので危険です!!

  

比較

それでは比較していきます!!

  

それでは、こちらの表を見てください!!

 私立大学国公立大学
学費(4年間)400~500万250万
受験科目数3~4科目7 + 2~3科目
学生の人数多い少ない
施設新しくきれい古い

簡単にまとめた表です!!

 

この表の一つ一つを詳しく説明していきます!!

 

学費について

学費についてです!!

漠然と
私立 > 国公立
というイメージの人が大半!
ぬめ君
ぬめ君
筆者
筆者
イメージの通り!

しかも実際には2倍近く違うことも!!

どちらも

学費 = 入学費 + 授業料(四年間)

の計算をしたものが表になっています!

 

・国公立の場合

入学費:約30~40万円
年間授業料:約54万円

30~40 + 54 × 4 = 約250万円

 

・私立の場合

入学費:約30万円
年間授業料:理系 約140万円
・文系 約100万円

30 + 100~140 × 4 = 約400~500万円

となっています!



私立理系が一番高いです…
(厳密には医学部だけど)

国公立は文系理系の価格差はあまりなかったです!

筆者
筆者

ぬめ君
ぬめ君
それにしても、二倍も差がつくものなのか…
筆者よく払ってるねww
出血大サービスの魂の奨学金だよw
ちなみに、奨学金は借金だよw

名前と金利は、マイルドだけど…
借金なんやでww

筆者
筆者

会話にもある通り私立はめちゃくちゃ高いです!

 

僕も、今でこそ普通になってきていましたけど
高校生の頃は、

「なんで、平気な顔して年間150万もはらって大学に行ってんだよ!」

って、めっちゃ思ってましたwww

 

学費を比べると圧倒的に国公立のほうが安く済みます!!

 

受験科目数

こちらも結構異なります!!

  

同じ偏差値でも国公立のほうが難易度が高いといわれている理由は科目数に関係してきます!

  

・国公立の場合

通常、国公立は

センターテスト:5教科7科目
各大学の試験:3科目

の二種類のテストを受けることになります!(もうそろそろセンターがなくなりますが…)

 

したがって、科目数がとても多く

文系でも数学を
理系でも社会を

のテストを受けなければならないため対策する科目数は多いです!

 

・私立の場合

各大学の試験:3~4科目

となっていてこのテストのみで合否が決まります!

 

したがって、科目数が少ないので得意科目を活かして勉強ができます!

苦手科目を克服するより
得意科目を伸ばしていくほうが楽しかったため
私立のみで受験しました!!
筆者
筆者


  

ここから言えることは、

全部の科目を一通り勉強ができる器用な人、もしくはめっちゃ頭のいい人は国公立

好きな科目を集中して勉強がしたい人は私立

選ぶことをおすすめします!!

  

学生の人数

これは、圧倒的に

私立大学 >>> 国公立大学

です!

そして、なぜこの比較をするのか?という理由は

教授一人に対しての学生の数

が関係してくるからです!

 

ほかの比較している記事を見ると、
私立大学は、教授一人当たりの学生の人数が多いので国公立大学より対応が雑になる」

という指摘がされます

 

しかし、私立大学の僕からすると

あまり感じないのが正直な感想ですw

大量の学生がいる=院生が多く、講義や実験のアシスタントが多い
むしろこっちのほうが手厚いのでは??と思うほどですww

 

年齢が離れている教授や准教授よりも、年齢が近くその研究をしている院生の方も優秀なので聞きやすかったりもします!!

私立大学のティーチングアシスタントの時給はそこそこいいらしく、結構楽らしいので多くの人がやっており
それなりに人数がいて、質問や実験では困ったことがありませんww

ただ…
理系の院生は女の子が好きなので、男の挙手よりも女の子の挙手のほうが反応がいいですwww
女の子には駆け寄ってきますww
筆者
筆者


 

施設

圧倒的私立

説明する必要もあまりないでしょうww

有名私立大学のキャンパスを一度見てみてくださいw

 

初めて、大学のトイレに入った時はびっくりしましたww当時の僕は…

トイレきれいすぎww
床なめてもお腹壊さなそうww
筆者
筆者


と、リアルに思いましたww公立高校出身のため、なおさらトイレに関しては感動した覚えがありますww

 

建物がきれいで、近未来的なだけでなく実験器具やパソコンなど最新であったり、高性能であったりしますww
僕は、研究室から新品のmac book proが一人一台配布されており、価格は何と…20万ちかくww

 

実験をする際の予算は出し惜しみなく出てくるので、最新の研究器具をそろえてくれるなんてことも私立にはありますよ!!

 

私立のメリット

僕自身、私立大学に通っているので

私立の大学のメリットのみ

触れさせていただきます!!

  

メリット①:就活で恩恵がある

なんといっても、私立大学はOB・OG(卒業して社会人になっている人)たちが多いです!

 

したがって、面接の前に対策を個人的にしてもらったり…その大学限定のイベントなども存在しています!
知名度がある私立大学に行くことで、就職活動の恩恵は地方の国公立大学よりははるかにあったと思います!

 

人事の人からしても、同じ出身の後輩は優先的に取る…
なんてことも聞いたことがありますし、会社によっては学閥と呼ばれるものが存在しているみたいです…

 

また、地方国公立はどうしても全国的な知名度がないため、地元では就職は有利であるが、ほかの地方ではよくないという欠点があるそうですが(旧帝大や有名国公立を除く)

私立大学は、規模も大きく偏差値がそこまで高くなくても、知名度がある分全国的な就職活動ができると思います!

 

メリット②:ブランド力がある

所属していてやはり私立大学のブランド力は誇らしいですw

 

私立大学は競争が激しく、スポーツやオープンキャンパスなどには国公立大学よりも力を入れているイメージが高く、志望する人も全国に大勢いるので通っていて気分がいいですw

ブランド志向の人は、私立大学のほうが多くの国公立大学よりも満たされるのではないでしょうか?w

 

テレビで自分の大学が紹介されたときは、自分のことのようにうれしいですw

メリット③:華々しいキャンパスライフをおくれる

オープンキャンパスの際のミスコンであったり…

サークル活動であったり…

大学対抗スポーツであったり…

 

私立の大学は華々しいですよww

これがあるから、私立!!とはなりにくいですが、やっぱりメリットではあると思うんですよね…w

楽しくて、きらびやかなキャンパスで四年間過ごしたい!なんていう人には、やっぱりメリットだと思うんですw
ぬめ君
ぬめ君


まとめ

こんかいは、同じ大学でも

私立大学国公立大学

の比較をしました!

 

僕自身は、就職活動で私立のありがたみをすごく感じて
「私立いいよ!!」といってしまっていますw

 

自分のやりたいことなどと照らし合わせて、どちらかを選べるといいと思います!
ぜひこの記事を役立ててください!

 

以上!!

コメント