【ITニュース】物流に想定された無人ロボット!その名もHandle!人類は物流において、単調作業から解放される?

IT系
この記事は約9分で読めます。

こんにちわ!ぬめです!

 

今回は、気になったITニュースを紹介します!

この画像をご覧ください!

これなんと、無人のロボットが荷物を運んでいる様子なのです!

 

今回は、この物流のロボットについての紹介です!



筆者
筆者
動画を見たけど、めちゃくちゃ奇妙な(?)
動きをしてたww

なんか、ぬるぬる加速と減速をしていて
”機械的”って感じ…
ぬめ君
ぬめ君

 

概要

上の画像のロボットはBoston Dynamicsというアメリカの企業が開発したロボットで、名前は

Handle(ハンドル)

と名付けられています。

今回の冒頭のロボットは改良版で、旧モデルを解説したのち変更点に触れていきます!

 

Handleの概要

このロボットは、電気駆動の車輪付き二足ロボットです!

この世に公開されたのは、2017年の2月で全長は198㎝重量105㎏の体格を持っています。

 

重い理由として、一回の充電で約24㎞を走行できる大量バッテリーを搭載していることがあげられます!

筆者
筆者
ちょーでけーww
しかも、ちょー重いし、体力も俺よりあるじゃん(白目)


そして、なんとロボットに車輪を付けることで、時速14㎞で走ることができますww

筆者
筆者
ちょっと待て!
俺50メートル走のタイムが6.2秒だから…

 

時速換算29㎞!!!!!!!!
勝ったwwwwwww


はい、すかさず自己顕示…乙っ!!
ぬめ君
ぬめ君

そして、アーム部をうまーく用いての姿勢制御により、蛇足や回転などの走行も可能で…

さらに、階段を下ったり雪道を高速に移動可能なのである!!ww

筆者
筆者
それぐらい俺だっt…

はいよ!!!!!!!!
ぬめ君
ぬめ君

そして、このロボットがなぜ脚部分に車輪を付けているのかというと…

ジャンプもできるんです!!!!!!!!!!!!

ファーーーーーーーーーww
ぬめ君
ぬめ君


筆者
筆者
ファーーーーーーーーーーーwww


直接車輪を付けるだけにとどまらず、あえて脚をつけてそこに車輪を付ける…
天才の所業ですね…

 

そして、どれぐらい飛べるのかというと…

約1.2m



ぬめ君
ぬめ君
神ww


筆者
筆者
神ww


???
???
神ww


いや、だれじゃww
ぬめ君
ぬめ君

そして、二本のアームで約45㎏の荷物を運搬することができる。

そして、何より関節が10個しかないので、シンプルな構造といえるそうです!

 

今回はバージョンアップ??

今回の動画での新Handleと旧Handleは明らかに姿が違うのに気づきました?w

新型

Handle

旧型

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は MPM_3987-480x720.jpg です

性能の向上

一目両全なのが、荷物を持つ際に

アームを二本で挟んでいたのを一本にして吸着して運んでいる

という点ですね!

 

このようにした、メリットとして考えられるのが

より荷物を運ぶ際に、箱をつぶすことなく、省スペースで持つことが可能になる

だけでなく、

荷物を置く際、きれいに並べて、置くことが可能になる

といえるでしょう!

 

二本で挟んで持った場合に、荷物を置くときにどうしてもアームを挟むことになります!
しかし、上から吸着することでこのようにきれいに積むことが可能になったのです!

荷物の隣にアームの分の幅が必要なく、並べられる!!

 

したがって、今でよりもより実践的な環境に適応ができたといえるでしょう!

また、姿勢制御を旧型は上半身でおこなってバランスを取っていましたが、
新型は、お尻のようなものでフリフリしてバランスを取っていました!!重心が下にあることでバランスが良くなり、長いアームで荷物を運ぶ際も不安定になることなく持ち運べていますね!!

 

また、荷物が置かれている場所の下にQRコードのようなものがあると思います!
実は、今回のモデルはそれを判別して荷物を選んで運ぶことができるのです!

 

逆に性能が下がったところ

今回のHandleは先ほども説明した通り、二本のアームで挟むのではなく

一本のアームのさきにある吸盤のようなもので吸着して荷物を運んでいました!!

 

したがって、

持ち運べる最大重量が45㎏だったのに対して今回の吸着での最大重量は15㎏まで下がってしまいました…

やはり、両方のアームで挟んだ方が持てる重さは、優れているようですね!

 

まとめ

今回は、Handleというロボットの動画を発見して、面白そうだと思い紹介しました!

 

技術の進歩はめまぐるしく進んでいて、題名にもしましたが、物流において人間が必要ではなくなる時代が来るのかもしれないですね!

 

今後も気になったニュースなどを取り上げていくつもりです!!

 

以上!

コメント